ガンダムアニメ見聞録

ガンダムTVシリーズ感想用ブログです。現在は「鉄血のオルフェンズ」の感想を書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BFトライ第25話「僕たちのガンプラ」

冒頭のザクアメイジングVSアメイジングケンプファーが作画も戦い方もハイレベルすぎて目を奪われました。
オープンクラスって、あんな高レベルの戦いやってるんでしょうか・・・

前作もそうでしたけど、最終回にまとめて新機体出してきましたね。
カミキバーニング、トライバーニングから大幅にデザイン変えてきましたね。
ライトニングZもかっこいいです。ユウマは本当に可変機が好きですね。
スガの機体は公式サイトで機体名見て吹きました。レオパルド・ダ・ヴィンチってどんなネーミングセンスですか。
スーパーフミナ、バンダイはSHフィギュアーツやMS少女シリーズに逃げずにあくまでガンプラで発売して欲しいものです。
しかしキャストオフっていつの間にか一般名詞化してますね。黒歴史とかもそうですけど。

そういやクスイーガンダムがアニメで動いたのって何気に初でしょうか。
あの後バリアに捕まって擱座してなきゃいいんですけど。
そしてバグの攻撃から生き残ったヘビーガン、F91での雪辱を果たしましたね。
ガンダム・アルビオンはMSサイズに小型化したアルビオンと合体したガンダムなのか、アルビオンサイズの超大型MSなのか、気になります。

ラスト、自分だけの流派に目覚めたセカイと、結局次元覇王流に戻ったジュンヤとで対照的でしたね。
しかし師匠、本当にドモンそのままでした・・・

それにしても、シモン弟、ギャン子弟、フミナに憧れてた女の子の3人で、3期の主役を務められそうです。
スポンサーサイト
  1. 2015/04/03(金) 00:08:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gレコ第26話「大地に立つ」

Gセルフが高性能すぎて、ラスボスポジションのはずのカバカーリーの方が格上相手に善戦して頑張ってるように見えました。
実際、バッテリー切れしなければGセルフの圧勝でしたけど。
ジーラッハが大きすぎて地下洞窟内に入れないって、マニィを最終決戦から脱落させる手段としてはうまかったです。

ジャブロー内部、公式HPのイメージイラストではアッガイもいましたけど、本編にはズゴックしか出てきませんでしたね。
アッガイも見てみたかったんですけど。

そう言えば、ベルリは最後までマスクがルイン先輩だって気付かなかったんですね。
それにしても、ラストのルイン先輩は憑き物がすっかり落ちた感じでしたけど、どんな心境の変化があったんでしょう。
あれだけ見るとマスクが呪いのアイテムだったんじゃないかって思えちゃいますけど。

欲を言えばダハックやトリニティ、マズラスター辺りはもっと動いてるシーンが見たかったですね。
Gレコは2クール作品とは思えないくらい多くのMSを出してきて、バラエティ面ではよかったんですけど、その分1機1機の活躍を充分描けてなかった気がします。結局最後まで変形しなかったGアルケインとか、ビッグアームを全く生かせずに水没したジャイオーンとか、本当に移動用扱いだったダーマとか。

クンパ大佐、随分あっけなく死んじゃいましたけど、クンパ大佐としては事態が全く自分の思い通りに動かなくて完全に傍観者状態でしたから、いい退場タイミングだったんでしょうね。本来ヘルメスの薔薇の設計図を地球圏に持ち込んだ黒幕的な存在のはずなんですけど、地球人が愚かすぎて思惑通り行かなかったって感じでした。

もう一人の黒幕ポジションのズッキーニ大統領は、分かりやすい最期でした。公式HPでの監督のコメントを見る限り、戦争の元凶は愚かな政治家ってことになるんですかね。

そういや富野監督が声優で出るって言ってたからなんの役かと思ったら、ほとんど本人役でしたね。

作品全体のテーマとしては結局、人からの伝聞や知識で分かった気にならずに、自分の脚で世界を見て回れってことでしょうか。
ビーナス・グロゥブまで行ったベルリやアイーダと、ずっと地球圏にいた二人の親との間に溝というか距離感が生まれてたのが象徴的でした。再会したマスクとマニィの間にも、そういったすれ違いがありましたしね。

あと裏のテーマとしては、とにかく宇宙での生活は大変だってことを繰り返し強調してた気がします。シー・デスクに穴が空いちゃったシーンや、ビーナス・グロゥブ人のムタチオンなんかが象徴的でしたけど、その他にも歯磨き描写とかクレッセントシップ内でのジョギングとか宇宙服を繕う描写とかトワサンガで土地が陥没しちゃうとか、さりげなく宇宙生活の大変さを描いてましたよね。
ベルリ自身、ガンダムの主人公としては初めてなんじゃないかってくらいコロニーに嫌悪感抱いてましたし。

この作品はいろんなことに結論を出すんじゃなくて視聴者に考える機会を提供する作品って認識でしたので、時間が出来たらもう一度最初から見直して色々と何を言いたかったのか考えてみたいです。
色々と説明不足で駆け足だった感は否めませんが、楽しい作品でした。出来ればもう1作ぐらいは富野監督のTVシリーズを見てみたいですね。
  1. 2015/04/02(木) 00:23:28|
  2. Gのレコンギスタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

J-CROW

Author:J-CROW
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
ガンダムAGE (42)
ビルドファイターズ (24)
ビルドファイターズT (24)
Gのレコンギスタ (26)
鉄血のオルフェンズ (48)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。